忍者ブログ
昭和などを振り返る
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近はおもちゃでありながら料理も作れて二度おいしいという商品が流行っていますね。生キャラメルを作れる生キャラメルポットに、たいやきを作れるものなどいろいろとあります。その中にはアイスクリームを作れるおもちゃもあります。

アイスクリームを作るおもちゃは最近の発明されたものと思っていましたが、昭和あたりにもどんびえという名前のアイスを作れるおもちゃがあったそうです。現代ではアイスクリームだけではなく、ソフトクリームを作れるソフトクリームメーカーも登場しているそうです。

昔から今までは空白があったクッキングおもちゃですが、また人気が出てきそうですね。なかなか出かけることがない場合などは、休みの日には子供と一緒に家で料理を楽しむと言う家庭も増えているようですね。

PR
今では朝ご飯にコーンフレークを食べるのも普通になりましたが、昭和の頃はそんなに定着していなかったように思います。

CMでもアメリカっぽい少年が出てきたりと、アメリカの食事スタイルというイメージでした。


ケロッグコーンフロストのCM


あの頃は朝ごはんでこういうお菓子っぽい食べ物を食べるというのがあるんだ~とへぇ~と思ったように思います。

家庭用ゲーム機が出るまでは喫茶店やゲームセンターなどでゲームをやるというのが主流だったかと思います。

ファミコンが発売されてからは、PCエンジンなどと次々にいろいろなゲーム機が発売されました。ゲームボーイはテレビに接続しなくてもゲームができるし、持ち歩きできる画期的なものだったように思います。

当時はまだ液晶の白黒のような画面でした。

マリオやカービィーやテトリスなどのソフトが販売されましたね。ニンテンドーDSもたしかゲームボーイが進化したものなのですよね?!

ゲームボーイのCM
ロッテのガムはキシリトールやタブレットが出てから、様変わりしましたね。

コーヒー味のガムがあったかと思います。確か一時期復活して、今はまた販売されなくなったみたいです。

他にもレモン味のするクイッククエンチーがありました。白いパッケージにスポーツをしている人が描かれていた通り、スポーツの時に合うガムとして販売されていたようですね。

あと黄色のパッケージのバナナのようなフルーツの味がするガムもおいしかったです。

お菓子は気づいたら販売されなくなったということが多いですね。

そういうお菓子の中にいも作くんというものがあります。明治製菓から発売されていたので、きのこの森やたけのこの里と兄弟、姉妹になるかと思います。

スナックの部分がいもっぽい甘いもので、チョコレートでコーティングされてましたっけ。

いも作くんキャラクターがパッケージに載っていたような気がします。

いも作君動画

フリーエリア
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Copyright © [ 昭和などの懐かしい話題 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]